2017年3月22日

redemos.osaka-01

ReDEMOS LIVE Vol.6

今、大阪から経済の話をしよう ~成長と分配は両立できないのか


2017年6月3日 (土) OPEN 12:30 / START 13:30
ロフトプラスワンWEST

政治の一大トピックは、やはり経済のようです。トリクルダウンって、本当なの? 格差が拡大しているとか、していないとか。バブルが崩壊してから低成長なんて言われてるけど、大丈夫なのか。社会保障を充実させたくても、それが成長を阻害するんじゃな・・・。あーそれと、やっぱりカジノって、なんか嫌な感じする。

と、いうわけで、今回のReDEMOSイベントのテーマも、ズバリ経済。今回は、日本でもとくに貧困率の高い地域のひとつである大阪から、経済を捉え直します。カジノ法案、アベノミクス、公正な経済・・・。経済は、なんといっても私たちの問題。この期に、経済のことをもっと知って、もっと私たちのものにしてみませんか?

 

今回のイベントを振り返って

 

ReDEMOS live vol.6では、経済をテーマに、日本経済のこれまでこれからについて考えました。

 

第一部では、1990年代以降の日本経済の構造変化に生活保障制度が追い付いていないという現状を確認し、その一方で成長のための政策がむしろ貧富の格差を広げてきたことを振り返りました。また、今回のイベント開催地でもある大阪もその対象となっているカジノ誘致問題を切り口に誰のための経済なのかを考えました。第二部では、学者、国会議員、市民の方々と一緒に、これからの日本の経済や社会を、私たちがいかにして構想していけるのかを考えました。

 

今回のイベントで登壇者の方々も多くご指摘があったように、いま日本では経済・社会的な格差の拡大が進んでおり、アベノミクスはこれをさらに深刻化させています。日本の富は、グローバル化の進展のなかで海外に流出したり、一部の大株主や大企業のもとに蓄積されたりしています。富裕層がより儲かる一方で、中間層以下の多くの人たちの生活は、より困難なものになっています。日本の相対的貧困率は6人1人と先進国ではアメリカに次ぐ高さであり、実質賃金も低下しています。また、非正規雇用が増大するなど、雇用の不安定化が進んでいます。教育費は高く、とくに奨学金(student loans)の返済が大きな負担となっています。

 

こうした状況は、少しずつでも改善されなければなりません。その際にまず重要となってくるのは、一般の庶民の家計を直接的に豊かにする経済・社会政策です。また、東京大学の大沢先生のご指摘の通り、男女間、正規/非正規間の同一価値労働同一賃金も必要です。これは危惧されている少子化対策としても有効であり、長期的に経済を循環させていくうえでまず取り組まなければならない施策として示されました。辻元議員からは、地域経済の視点から、カジノのように地域経済を潤さない地方創生ではなく、それぞれの地域の経済的ポテンシャルが最大限に発揮されるような政策を国政レベル、地方自治体レベルで考えていくべきとの提案がありました。大門議員からは、最低賃金の底上げと中小企業支援政策をセットで行うことによるボトムアップの経済政策が提示されました。

 

私たちは、私たち自身の、当たり前の自由や生活のためにこそ、政治を語り、経済を語り、社会を語る必要があります。今回のイベントでは、現在進行形で審議の進められている共謀罪についての言及がありました。一見、経済という本イベントのテーマとは無関係に思えるイシューです。しかし、個々人の経済状況は政治的自由の基盤です。経済的不平等はしばしば社会的・政治的不平等につながりますし、その逆もしばしば起こっています。共謀罪という市民の政治的自由を奪う内容の法について考えることは、それ自体、自由や平等の基盤を改めて考えるという、本イベントの趣旨と合致しつつ、それを再確認させるものでした。

 

今求められているのは、GNPやGDPといったマクロな成長が、本当に、この社会に生きる一人ひとりにとっての成長になっているかを問うことです。関西市民連合の小川さんが武器輸出で回る経済が本当に豊かなのかと指摘したように、誰かに犠牲や負担を押し付けたり、また自由の著しい制約したりする上で成り立つような経済ではなく、公正な経済社会を目指さなければなりません。大事なことは、いま困窮している層がどのような困難を抱えているのかを注視したうえで、分配を権利として保障しなければならないということです。そして、それは自然に行われるものではありませんが、政治によって変えることが--すくなくとも現状よりちょっとずつ良くすることが--できます。経済とは、政治なのです。

今、大阪から経済の話をしよう

〜成長と分配は両立できないのか〜

[出演]
塩田潤ReDEMOS・神戸大学大学院生
奥田愛基ReDEMOS代表理事
大沢真理東京大学教授・経済学
辻元清美衆議院議員民進党
大門実紀史参議院議員共産党
小川郁SADL・関西市民連合

日時:6月3日土曜日
会場:ロフトプラスワンWEST
場所:大阪府大阪市中央区宗右衛門町2-3 美松ビル3F
時間:Open 12:30 / Start 13:30
料金:一般:予約¥1300 / 当日¥1500、 学生無料
※ 別途ドリンク代 (¥500~)
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/65766
btn_ticket

[タイムテーブル]

12:30 Open

13:30 Start, イントロダクション

13:40 第1部:誰のための経済成長??~カジノから見る日本の経済~

14:10 休憩

14:25 第2部:みんなのための経済社会へ

15:50 まとめ&次回予告

16:00 END

関連記事:

ポスト新自由主義を構想する時代

平野健(中央大学教授 / 経済学)

世界恐慌以降、新自由主義の次の構想をいかにするかが問われています。しかし、「大きな政府か、小さな政府か」という対立軸ではなく、わたしたちは「誰のための政府か」を基準に経済政策を考える必要があります。「直接に家計のための政府」、わたしたちが望む経済社会について考えてみます。 » 本文を読む

2017年6月5日 | 経済

カジノで経済成長?するわけない!

ReDEMOS/弁護士 竹内彰志

いま、地方経済活性化のためのひとつの政策として「カジノ法」が話題になっています。それって何なのか、それは立地地域にとっていいものなのか、日本経済にとっていいものなのか。そして、「カジノ法」から見えてくる日本の経済の方向性とはどんなものなのか。弁護士の竹内彰志さんにQ&A形式で聞いてみました! » 本文を読む

2017年6月1日 | 経済