2016年11月16日

71

ReDEMOS LIVE Vol.2

女性の活躍ってなに?
ぶっちゃけ何でこんなに男性と女性の差がまだあるの?


2016年11月25日 (金) OPEN 19:00 / START 19:45
LOFT 9 Shibuya
東京都渋谷区円山町 1-5 http://www.loft-prj.co.jp/loft9/

女性の活躍ということが盛んに言われる現在、男性と女性の間の差は段々と縮まってきているように思えます。けれど一方で、制度の部分でも、私たちの意識の部分でも女だからこそ感じる不自由や居心地の悪さ、問題はまだまだたくさんあります。

例えば職場環境、仕事と育児の両立、ステレオタイプな性別役割分業、性的対象としてみなされることなど。女子力などの言葉によって、可愛さや素直さが全ての女性に強制されることを、私たちは本当に望んでいるのでしょうか。

この社会に存在するジェンダーの問題について、このイベントを入り口にちょっと考えてみませんか。

 

今回のイベントを振り返って

 

ジェンダーの問題をReDEMOSではずっと取り上げたいと思っており、ついに実現しました。ちゃんと人は集まるだろうか、と心配していましたが、高校生や学生を含め、たくさんの方が来てくださって本当に嬉しかったです。

 

実は、昨日11月25日は女性に対する暴力撤廃の国際デーでした。日本では、現政権が女性の活躍ということを盛んに言っています。働く女性の割合は確かに増えているし、男性と女性の間の差は段々と縮まってきているように思えます。けれど一方で、制度の部分でも、私たちの意識の部分でも女だからこそ感じる不自由や居心地の悪さ、問題はまだまだたくさんあります。

 

そこで、ReDEMOSではこの度、女性と男性の差が日本でまだある事をより多くの方に知っていただくためのモーショングラフィックスを製作しました。今回の動画で取り上げたのは、雇用の問題や賃金格差、職場環境、仕事と育児の両立、女性の国会議員比率など、主に現在の制度と現状です。

 

しかし、ジェンダーを考える時には、この社会に根付いている女性イメージの問題も忘れてはいけません。育児は基本的に女性の仕事で男性はそれを手伝うといったステレオタイプな性別役割分業や、性的対象としてみなされること、そして性暴力。少し前には、鹿児島県志布志市が出した水着の若い女の子をうなぎに見立て養ってと言わせるPR動画が問題となりました。

 

また女子力などの言葉によって、可愛さや素直さといった価値観が強要されることも、日常茶飯事です。そのような押し付けに息苦しさを覚える女性はたくさんいるだろうし、男性の中にも、男らしさの強要を苦痛に感じる人は、きっといるのではと思います。

 

今あげたようなことをそのままにして、労働・出産の面でだけ女性の活躍ということを叫んでも、問題は解決しません。むしろ、女性に求める価値観はそのままに、新たな女性活躍という過剰な期待を女性に背負わせてしまうのではないでしょうか。

 

また、これらの事を踏まえて現在の日本を見てみると、人口の約半数が女性にもかかわらず、女性がマイノリティーの様な扱いを、されている側面があります。ここであえてマイノリティという言葉を使うのは、性差別が、社会の様々なところで構造化されているからです。

 

女性の様な、数は多いけれどマイノリティーとして扱われる人々の権利が脅かされることは、量的マイノリティー、つまり人数が少ないことにより差別されている人たちの権利が、さらに脅かされることにも繋がりかねません。だからこそ、様々な人の人権問題を解決するためにも、女性の人権を改善していくことはとても重要になる、とReDEMOSでは考えています。

 

今回、このイベントは、まずジェネラルに、広くジェンダーに関する問題をみんなで共有して考えていこう、ということで企画しました。

 

個別のイシューについても今後イベントをしたり動画を製作したり、リデモスとして長期的にジェンダーに向き合っていきたいと思っています。それは、もちろん、女性・男性という分け方だけでなく、様々なセクシュアリティーも含めてです。ジェンダーの問題を考えることは、私たちが目指す多様な個人が大切にされる政治とも繋がっています。社会に存在するジェンダーの問題について、このイベントを入り口に皆さんにちょっと考えて頂けたら幸いです。

 

 

女性の活躍ってなに?

ぶっちゃけ何でこんなに男性と女性の差がまだあるの?

[出演]
三浦まり上智大学法学部教授
福山哲郎参議院議員/民進党
濱田すみれアジア女性資料センター
池内さおり衆議院議員/共産党
町田彩夏大学生
溝井萌子ReDEMOS / 大学生
[司会]
諏訪原健ReDEMOS / 筑波大学大学院
日時:11月25日金曜日
会場:渋谷 LOFT9
場所:東京都渋谷区円山町1−5
時間:Open 19:00 / Start 19:45
料金:一般 ¥1500、 学生無料
※ 別途ドリンク代 (¥500〜)
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/52186

btn_ticket

[タイムテーブル]

 

19:00 OPEN

19:45 START

 

第1部
20:00 制度に関する現状把握

 

第2部
20:45 トークセッションこの社会の女性イメージって?
21:45 Q & A

 

第3部
22:15 ReDEMOSからのまとめ
22:20 次回予告etc.

 

22:30 END

関連記事:

女性の活躍ってなに?【第2部】

ReDEMOS LIVE vol.2 トークセッション「この社会の女性イメージって?」

ReDEMOS LIVE vol.2のアーカイブ2を公開しました。ステレオタイプな性別役割分業や社会に消費される女性の「性」、「女子力」や「ガールズパワー」といった言葉について考えます。司会としてReDEMOSより諏訪原健が、また登壇者として大学生の町田彩夏さん、衆議院議員で共産党の池内さおりさんも迎え、議論します。 » 本文を読む

2017年1月20日 | Re:TV | ReDEMOS LIVE ARCHIVE | 女性の権利

111位って何?
なぜまだ男性と女性には差があるのか

111位。これは、男女平等の度合いを示す世界ランキングでの、日本の順位です。男性との間での大きな賃金格差。また、勤続年数が男性より短かく、キャリア形成の道も十分開かれていません。 » 本文を読む

2017年1月3日 | Re:TV | 女性の権利

女性の活躍ってなに?【第1部】

ReDEMOS LIVE vol.2 「第1部 制度に関する現状把握」

ReDEMOS LIVE vol.2のアーカイブ1を、YOUTUBEで公開しました。雇用と賃金、育児と仕事の両立、国会議員の割合など、日本で女性が置かれている現状について、三浦まり(上智大学法学部教授)/福山哲郎(参議院議員、民進党)/濱田すみれ(アジア女性資料センター)/溝井萌子(ReDEMOS/大学生)が議論します。 » 本文を読む

2016年12月26日 | Re:TV | ReDEMOS LIVE ARCHIVE | 女性の権利

私たちが女子力にもやっとする理由

溝井萌子(ReDEMOS / 大学生)

「女子力」、「女は美しくあるべき」、「可愛いだけじゃだめだ、年相応のいい女になれ」・・・。生きているなかで、私たち女性は当たり前のように「女はこうあるべき」を強要されています。だけれども、私たちは女性や男性であるまえに個人であり、個人として生きたいはずです。この社会の「常識」、ちょっと立ち止まって、考えてみませんか。 » 本文を読む

2016年11月27日 | 女性の権利

女性議員が少ないことの何が悪いの?

三浦まり(上智大学教授 / 政治学)

日本の国会は、女性議員が少ないのが特徴です。女性議員比率は衆議院で9.5%で、これは193カ国中157位という低さです。女性が議員になりにくい仕組みが、日本に根深く存在しているということです。上智大学教授の三浦まり先生は、「政治に多様性をもたらすような女性議員の増やし方」について真剣に考える必要があると指摘します。 » 本文を読む

2016年11月26日 | 女性の権利

ミソジニー(女性に対する嫌悪・偏見)ってなに?
トランプの勝利が明らかにしたこと

アメリカの大統領は国内の統合の象徴としての意味合いをもっています。しかし、数々の女性蔑視的発言など、ミソジニーを体現する候補であったドナルド・トランプが、大統領選で勝利しました。アメリカ社会の根強いミソジニーが露呈した今回の大統領選を、私たちはどのように捉えればいいのでしょうか? 日本も決して他人事ではありません。 » 本文を読む

2016年11月21日 | アメリカ大統領選 | 女性の権利

TPPはこのまま可決して大丈夫なのか?

2016年10月20日 (木曜日) START 19:30 LOFT 9 Shibuya

TPPは、この秋の臨時国会で11月には可決されると言われています。私たちの生活に大きく関わる内容でありながら、日本ではTPPの内容について報道が少なく、実際に何が問題なのか知る機会も少ないのが現状です。世界では反対の声も多くあがっています。ゲストの方をお迎えし、今一度 、TPP について考える場を作りたいと思います。 » 本文を読む