女性の活躍ってなに?【第2部】

ReDEMOS LIVE vol.2 トークセッション「この社会の女性イメージって?」

ReDEMOS LIVE vol.2のアーカイブ2を公開しました。ステレオタイプな性別役割分業や社会に消費される女性の「性」、「女子力」や「ガールズパワー」といった言葉について考えます。司会としてReDEMOSより諏訪原健が、また登壇者として大学生の町田彩夏さん、衆議院議員で共産党の池内さおりさんも迎え、議論します。 » 本文を読む

2017年1月20日 | Re:TV | ReDEMOS LIVE ARCHIVE | 女性の権利

女性の活躍ってなに?【第1部】

ReDEMOS LIVE vol.2 「第1部 制度に関する現状把握」

ReDEMOS LIVE vol.2のアーカイブ1を、YOUTUBEで公開しました。雇用と賃金、育児と仕事の両立、国会議員の割合など、日本で女性が置かれている現状について、三浦まり(上智大学法学部教授)/福山哲郎(参議院議員、民進党)/濱田すみれ(アジア女性資料センター)/溝井萌子(ReDEMOS/大学生)が議論します。 » 本文を読む

2016年12月26日 | Re:TV | ReDEMOS LIVE ARCHIVE | 女性の権利

若者の貧困は自己責任なのか

諏訪原健(ReDEMOS / 筑波大学大学院)

僕にとっては「当たり前」だった「若者の貧困」を、今回は「社会問題」として考えてみたい。背景には日本型の生活保障システムの機能不全がある。すなわち、この問題は社会的に生み出されたものなのだ。「自己責任」と問題を棚上げするのではなく、この社会に生きる全ての人に関わる政治的課題として、「若者の貧困」は存在している。 » 本文を読む

| 若者の貧困

日本のイマドキ大学生の奨学金事情

亀井もも(大学生)

いまや「大学全入時代」。大学生のうち、およそ半数近くが奨学金を借りています。しかし日本の奨学金のかたちは給付型でなく貸与型、国際的には「学生ローン」と呼ばれるものです。こうした日本の奨学金のかたちが、私たち大学生にとって大きな壁になっていること、知ってましたか? わたし自身の話も交えながら、考えてみたいと思います。 » 本文を読む

2016年12月20日 | 若者の貧困

それ、本当に自己責任?
若者にブラックな社会、どうにかしないとヤバくない?

2016年12月20日 (火) OPEN 19:00 / START 19:45 LOFT 9 Shibuya

ReDEMOS event vol.3、今回のテーマは「若者の貧困」です。奨学金やブラックバイト、不安定な雇用環境など、若者を取り巻く状況はかなりハードなものです。豪華ゲスト陣を迎え、教育や労働、福祉などの観点から読み解きます。 » 本文を読む

私たちが女子力にもやっとする理由

溝井萌子(ReDEMOS / 大学生)

「女子力」、「女は美しくあるべき」、「可愛いだけじゃだめだ、年相応のいい女になれ」・・・。生きているなかで、私たち女性は当たり前のように「女はこうあるべき」を強要されています。だけれども、私たちは女性や男性であるまえに個人であり、個人として生きたいはずです。この社会の「常識」、ちょっと立ち止まって、考えてみませんか。 » 本文を読む

2016年11月27日 | 女性の権利

女性議員が少ないことの何が悪いの?

三浦まり(上智大学教授 / 政治学)

日本の国会は、女性議員が少ないのが特徴です。女性議員比率は衆議院で9.5%で、これは193カ国中157位という低さです。女性が議員になりにくい仕組みが、日本に根深く存在しているということです。上智大学教授の三浦まり先生は、「政治に多様性をもたらすような女性議員の増やし方」について真剣に考える必要があると指摘します。 » 本文を読む

2016年11月26日 | 女性の権利

ミソジニー(女性に対する嫌悪・偏見)ってなに?
トランプの勝利が明らかにしたこと

アメリカの大統領は国内の統合の象徴としての意味合いをもっています。しかし、数々の女性蔑視的発言など、ミソジニーを体現する候補であったドナルド・トランプが、大統領選で勝利しました。アメリカ社会の根強いミソジニーが露呈した今回の大統領選を、私たちはどのように捉えればいいのでしょうか? 日本も決して他人事ではありません。 » 本文を読む

2016年11月21日 | アメリカ大統領選 | 女性の権利

女性の活躍ってなに?
ぶっちゃけ何でこんなに男性と女性の差がまだあるの?

2016年11月25日 (金) OPEN 19:00 / START 19:45 LOFT 9 Shibuya

ReDEMOS LIVE Vol.2、テーマは「女性の権利」。2016年度日本のジェンダーギャップ指数は、かなり低い111位でした。例えば職場環境、仕事と育児の両立、「女子力」など。 ゲストの方をお招きし、制度や「女性らしさ」といったイメージについて、広く考えます。 » 本文を読む

TPPはこのまま可決して大丈夫なのか【後編】

ReDEMOS LIVE vol.1  「第2部 トークディスカッション」

ReDEMOS Live vol.1のアーカイブ2をYOUTUBEで公開しました。
山田正彦(元農林水産大臣/弁護士)さん、竹内彰志(TPP 違憲訴訟弁護団事務局長/弁護士)さん、玉木雄一郎(衆議院議員/民進党)、吉田由美子(品川区議会議員/生活クラブ東京前理事長)、諏訪原健(ReDEMOS/筑波大学大学院修士課程)が議論します。 » 本文を読む

2016年11月16日 | Re:TV | ReDEMOS LIVE ARCHIVE | TPP

全5回―
米大統領選レポート Part-3
大統領選挙・集会についてのレポート

第三回となる今回の米大統領選レポートは、大統領選挙の集会について。激戦州では共和党・民主党のどちらが勝つか読めないため、大規模な遊説がしばしば行われる。今回は、多様な意見の尊重を説くオバマ大統領の応援演説、「団結」を呼び掛けるヒラリー、そして疲弊した元中間層の不満をすくいあげようとするトランプの集会にそれぞれ注目する。 » 本文を読む

2016年11月9日 | アメリカ大統領選

全5回―
米大統領選レポート Part-2
トランプ・サンダース現象をどうみるか

米大統領レポート、第二回は「トランプ・サンダース現象」についてこれまでの大統領候補とは明らかにタイプの異なる両候補の登場は、アメリカ政治の変動を思わせる今回は、①新自由主義的政治による格差の拡大、②党派性の衰退、③オバマ政権への反動、の三点から、この現象を考察する » 本文を読む

2016年11月8日 | アメリカ大統領選

全5回―
米大統領選レポート Part-1
選挙情勢・大統領選挙についての解説

世界の政治に大きく影響を与えるであろう今回の米大統領選挙。全5回 となる「米大統領選レポート」では、ReDEMOSメンバーが実際にアメリカに滞在し、11月8日に差し迫った選挙の行方を追っていく。第一回は、選挙情勢や大統領選挙の仕組みについて。日本のメディアではなかなか見えないアメリカ大統領選挙の動きを見ていきたい。 » 本文を読む

2016年11月7日 | アメリカ大統領選

米国大統領選・現地レポート
トランプ・タワー前インタビュー編

ニューヨークのトランプ・タワー前で、ヒラリー・クリントン候補のメール問題に対して抗議しているドナルド・トランプ候補の支持者にインタビューしました。「トランプはレイシスト?」 一見、答えが明らかなように思えるこの質問を、ReDEMOSはトランプ候補支持者にぶつけてみました。 » 本文を読む

2016年11月6日 | Re:TV | アメリカ大統領選

2分で分かるTPP

製作/監修:TPPテキスト分析チーム 制作:ReDEMOS

食の安全や労働者の権利など、様々な問題が指摘されているTPP。その一方で、いわゆる「のり弁」や、翻訳の不十分な膨大な量の資料など、政治のプロセスにも多く問題があると言われています。さらに、アメリカをはじめ、世界で多くの反対の声があがっています。ReDEMOS解説ムービー第一弾では、私たちの日常に大きく関わるであろうはTPPについて解説します » 本文を読む

2016年11月5日 | Re:TV | TPP

TPP 衆議院採決は早すぎる

竹内彰志(ReDEMOS / 弁護士)

TPP採決のプロセスについて、弁護士の竹内彰志先生に寄稿していただきました。とくにISD条項については、国会で議論が進んでいるとは全く言えません。日本の税金が海外に流れるようなことは避けるべきですし、何よりそうした事態を防ぐためにも、より深まった議論と、そのための時間が不可欠です。衆議院での、さらなる議論が必要です。 » 本文を読む

| TPP

TPPはこのまま可決して大丈夫なのか【前編】

ReDEMOS LIVE vol.1 出演:竹内彰志

ReDEMOS LIVE vol.1のアーカイブ1を、YOUTUBEで公開しました。竹内彰志弁護士にTPPについての基本的な内容や政治状況を、①ホップ(条約と憲法、0:30~)、②ステップ(TPPとは何か、4:20~)、③ジャンプ(TPPをめぐる政治的な状況、19:15~)の三つに分けて、解説していただきます。 » 本文を読む

2016年11月1日 | Re:TV | ReDEMOS LIVE ARCHIVE | TPP

TPP審議入り―
経済効果は怪しく、打撃は大きい

森原康仁(三重大学准教授 / 経済学)

TPPの経済効果について、三重大学経済学部准教授の森原康仁先生に寄稿していただきました。TPPは「自由化」の文脈で語られ、経済性がアピールされる一方で、「対中国」を強く意識した内容となっています。GDPに対する寄与度や農水省試算などを検証し、TPPが日本にとってプラスなのか、それともマイナスなのか、見ていただきます。 » 本文を読む

2016年10月9日 | TPP

TPPはこのまま可決して大丈夫なのか?

2016年10月20日 (木曜日) START 19:30 LOFT 9 Shibuya

TPPは、この秋の臨時国会で11月には可決されると言われています。私たちの生活に大きく関わる内容でありながら、日本ではTPPの内容について報道が少なく、実際に何が問題なのか知る機会も少ないのが現状です。世界では反対の声も多くあがっています。ゲストの方をお迎えし、今一度 、TPP について考える場を作りたいと思います。 » 本文を読む